MENU

WiMAXをパソコン初心者がどのように選べばよいか、わかりやすくご説明したいと思います。
WiMAXはモバイルWiFiで、外出先でインターネットに接続するのに必要なものだという理解はしていても、いざ自分が使うとなると、知っておくべきことはけっこうあるものですね。
では早速、WiMAXの基本的な知識と選び方について、ご説明していきたいと思います。

 

WiMAXでまず押さえておきたいこと

WiMAXは、大きさで言えばクレジットカードとスマートフォンの中間ぐらいの大きさの端末を使って、通信エリア内であればどこでもインターネットに接続が可能になる無線通信サービスです。

 

スマートフォンはOK,パソコンはNG,なぜ?

cellphone

具体的には、例えば外出先でパソコンを使ってインターネットで調べ物をしようというケースで考えてみましょう。
パソコン単体では、インターネットに接続はできません。
スマートフォンなら単体でインターネットにつながりますね。
その差は何でしょうか?
それは、スマートフォンには、各携帯電話会社と契約しているSIMカードというものが挿されていて、それによりその携帯電話会社の電波をキャッチしてデータ通信できるという仕組みがあるのに対して、パソコンにはそういった機能はないからです(一部例外もあります)。

 

パソコンでインターネットができるしくみ

lan

パソコンの場合は、インターネット回線のケーブルをパソコンに挿す(有線LAN接続)か、無線LANの電波をキャッチするかして、インターネットとつながることが可能になります。

 

家でパソコンを使うケースで、多くの場合、フレッツ光やauひかりといった光固定回線がひかれています。
壁にあるコンセントのようなモジュラージャックとモデムという機械が接続されていて、そのモデムからケーブルが出ていて、それを直接パソコンに挿すか、モデムにもうひとつ無線LANルーターという機械が接続されていて、そこから発せられる電波をパソコンがキャッチすることによって、インターネットにつなげることができるわけです。

 

ポケットwifiの登場

ところが、外出先でインターネット回線が必要な場合、このモデムや無線LANルーターを持ち歩くわけにいかず、その代わりとして同様の機能を持つ、いわゆる「ポケットwifi」または「モバイルwifi」といったモバイル端末が存在するわけです。

 

ポケットwifiというのは実はY!モバイルのモバイル端末のことを指す「固有名詞」なのですが、多くの人が、携帯できるモバイルルーターのことをポケットwifiと呼んでいます。
モバイルwifiもポケットwifiと同じ意味です。

WiMAXの特徴

wimax

WiMAXは、そのモバイルwifi端末の中でも、とくにパソコン初心者の方には人気があります。
それには、主に2つ理由として挙げられます。

 

1. 料金が安い
2. データ通信量無制限に使える

 

WiMAXルーターの高速通信
WiMAXルーターは、モバイルwifiであるにもかかわらず、光固定回線並みの高速通信が可能です。
その通信速度は下り最大440Mbpsで、W04というWiMAXルーターの場合、下り最大590Mbpsの通信速度を誇ります。

 

この高速通信を実現したのが、キャリアアグリゲーションという技術です。
WiMAXの回線速度はもともと110Mbpsですが、この4本を束ねて1本にすることで、4倍高速にしたものです。

 

1. 料金が安い

モバイルwifiの月額料金の相場は、4,000円前後です。
これは、WiMAXでもY!モバイルのポケットwifiでもあまり変わりません。

 

注意したいのは、WiMAXはプロバイダと呼ばれるWiMAXを取り扱う代理店によって、月額料金が全然違うということです。

 

基準として、WiMAXの回線運営元であるUQ WiMAXの料金をまず見てみましょう。

通常プラン(月7GB制限有り): 月額3,696円
ギガ放題プラン(制限なし) : 月額4,380円

 

UQ WiMAXでWiMAXを申込むと、この金額になります。

wimax

一方、業界最安級の月額料金であるBroad WiMAXの料金を見てみましょう。

通常プラン(月7GB制限有り): 月額2,726円
ギガ放題プラン(制限なし) : 月額3,411円

 

約1,000円ほどの差がありますね。
WiMAXの契約期間は基本的に2年間ですから、この差も2年間となると2万円以上の差になります。無視できない差ではないでしょうか?

 

UQ WiMAXとBroad WiMAXは、このように料金の差はありますが、それ以外、たとえば通信速度やサービスエリア等には差は一切ありません。

 

同じサービスを使うなら、安いに越したことはありませんね。

 

業界最安級、大人気「Broad WiMAX」で料金を見てみる

 

プロバイダとは
WiMAXの回線運営元はUQコミュニケーションズ株式会社で、UQ WiMAXブランドで展開しています。
ではWiMAXを販売しているのはUQ WiMAXだけかというと、実はUQ WiMAXは数十社の販売代理店に販売を委託しており、その販売代理店を「プロバイダ」と称しています。

 

プロバイダには、auショップや家電量販店といった店頭でWiMAXを扱っているところもあれば、WEB系プロバイダと呼ばれるネット通販形式でWiMAXを扱っているところもあります。

 

どのプロバイダでWiMAXを契約しても、サービス内容(対応エリア・通信速度等)はまったく変わりませんが、料金はプロバイダによって違います。

 

また各プロバイダがキャンペーンを実施して、料金的により有利な条件を独自に提案しています。

 

なかでも、WEB系プロバイダ「Broad WiMAX」は、業界最安級の月額料金で大変人気があります。

 

2. データ通信量が無制限に使える

 

実は、WiMAX以外にも、「データ通信量無制限」を謳ったサービスはあります。
Y!モバイルのポケットwifiと、docomoの回線を使ったスマモバというサービスです。

 

Y!モバイルのポケットwifi(アドバンスモード)

Y!モバイルポケットwifiのアドバンスモードというモードにすると、無制限に通信できます。
しかし、このアドバンスモードというのは、対応エリアが日本のほんの一部にすぎず、実質上ほとんどの人が使えません。

 

スマモバ

スマモバの販売サイトには「データ通信量は無制限」と書いてあり、使い放題使えるイメージがありますが、実際には通信速度制限がかかります。
ネットで検索すると、実際に「制限がかかった」というコメントをたくさん見かけますし、実際私の周りにもいます。
こういった状況で「無制限」と表示するのもどうかと思うほどです。

 


パソコン初心者の方のWiMAXの選び方

wimax

これまでお話ししてきた通り、モバイルwifiルーターの中でおすすめなのはWiMAXで、しかも、Broad WiMAXでギガ放題プランを申込むことをおすすめします。
月々3,411円といわれても高いのか安いのかわからないという方もおられるかもしれませんが、フレッツ光等の光固定回線は月6,000円はしますし、スマートフォンのデータ容量が5GBで5,000円することを考えれば、かなり安いということを感じていただけるのではないでしょうか。

 

Broad WiMAXは、Wifi、パソコン全般で、何かトラブル等あったときのサポートが充実したオプションもありますし、十分満足されるのではないかと思います。

 

大人気、業界最安級「Broad WiMAX」の公式ページはこちら

 

WiMAXとパソコンの設定
WiMAXを買ったはいいけど、設定が難しいのではと思っている方もおられるかもしれませんが、拍子抜けするほど簡単です。

 

家で固定回線を使ってインターネットをやっている方なら、「ネットワークとインターネットの設定」の中に、今受信している固定回線が表示されているはずです。

 

WiMAXルーターの電源を入れると、その「ネットワークとインターネットの設定」の中にWiMAXルーターの名前が追加されているはずです。

 

「接続」ボタンをクリックすると、ネットワークセキュリティーの入力欄が表示されるので、そこにWiMAXルーターに書かれているセキュリティーキーを入力すれば、設定完了です。